★夢幻泡影★ (むげんほうよう)

~尽きてゆく魂の詩~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

死にかけた話 ~中編~

タタミ1畳ほどの、狭いテント
のなかで、フッ、と目を覚ます。

「あれ、ここはどこだ?」

シュラフの上に座りこみ、頭をひねって
しばらく考えてみるが、いま自分がどこ
にいるのか、どうしても思いだせない。

まわりは、漆黒の闇だ。

枕元に置いてあるミニ・マグ・ライトを
手探りでさぐりあて、キュッとひねって
点灯させる。

小さな手帳を開いて、それまでに書き
とめておいた旅の記録をむさぼり読む。

「あぁ、そうか。そういえば、そうだ。
オレは、旭川から富良野に向かう途中で
陽が暮れたので、ビバークしたのだった。
え~っと、確か、ここは美瑛とかいう町
だったっけ・・・・・」

126.jpg

1999年、夏。

北海道一周の旅も、終わりのほうに近づくに
つれて、自分がいま、どこにいるのか、分ら
なくなってしまう、という奇妙な事態が、
頻繁に起こるようになった。

冗談ではなく、まさに、「ここはどこ?
わたしはだれ?」、という状態である。

それも、そのはず。車で移動しながらの
テント生活では、来る日も来る日も毎朝、
違う場所で、目を覚ますのである。

朝、目を覚ますときには、前の日の夜、
寝る前につけておいた日記を読み返し
て、ようやっと自分の所在を確認する、
といった始末である。

テントを張ったり、飯盒炊飯したり、川で
体を洗ったり、といった、「非日常」的な
ことが、「日常」となり、次第に緊張感が
薄れていってしまったせいもあるだろう。

わたしの人生、3度目の「死にかけ事件」は、
そんな、サバイバル生活の途中に起こった。

  1. 2006/10/04(水) 11:47:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<名月記 | ホーム | 死にかけた話 ~前編~>>

コメント

クレージュ情報局

クレージュの検索サイト。アクセサリー、財布、バッグ、通販、化粧品などクレージュに関する各種情報をお届けしています。 http://mantis.hartmerrell.com/
  1. 2008/11/30(日) 05:18:10 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suncity.blog64.fc2.com/tb.php/78-1c088c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ごあいさつ

(´▽`) いらっしゃ~い♪


001.jpg


(´ー`) コメント大歓迎! あなたのご意見、ご感想をお待ちしております。


◎このブログの遊び方

ブログをご覧になられたかたは、ぜひ「足跡」を残していってください。①右下の「コメント」をクリックする。 ②「Name」「Subject」「Comment」の欄に記入する。(内容はなんでもいいです) ③「送信」をクリック♪。ね、簡単でしょ? (´▽`)b


  033.gif


一番下までいったら、「次のページ」をクリックすると、過去の記事にさかのぼって読むことができます。

◎プロフィール

ここの管理人 : 木塚ベラ (きずか ベラ) 氏。


    078.gif


久留米大学附設高校中退。大学検定試験を経て、早稲田大学第一文学部卒。中学校講師を依願退職後、フリーに。現在、エッセイスト・株式投資家・小説家・心理学者。

★アクアリウム

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

◎最新の記事

♪BGM

「カノン」がお勧めですよ。

©Plug-in by PRSU

◎カテゴリー

◆ブログ内検索

◎最近のコメント

◆お気に入りに追加する

★電光掲示板

◎リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。