FC2ブログ

★夢幻泡影★ (むげんほうよう)

~尽きてゆく魂の詩~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国道158号線 ~前編~

道路も土地もやたらとだだっ広い、北海道の
幹線道路を除くとすれば、の話であるが・・・

日本における最高の道路。それは間違いなく、
国道158号線であると、わたしは断言する。

158号線とは、福井市から九頭竜川をさか
のぼり、白鳥村へ。さらに荘川村から飛騨高山
を抜けると、安房峠 (もしくは野麦峠) を越えて、
松本市に至る。全長およそ250km、日本一の
(と、わたしが勝手に決めつけている)国道である。

わたしはこの道が好きで、好きで、たまらない。

わたしがこれまでに、九頭竜湖や安房峠を通った
回数から考えて、少なくとも3往復はしていると思う。

福井県にも長野県にもそれなりの産業や工場は
あるのだが、それらの物流が向かう先は、主に
東京や名古屋・大阪である。つまり、なにが
良いといって、福井県と長野県との間を結ぶ
この国道は、トラックの量が少ないのである。

とは言っても、夏の行楽シーズンや冬のスキー・
シーズンは、観光客が列をなして押し寄せるので、
春と秋の終わりごろが、158号の 『旬』 である。

以前にも記したように、わたしは、車の中にテントや
布団、調理用具一式を積んで、放浪の生活をしていた
ことがあるのだが、この観光シーズンをうまく避ける
ことさえできれば、158号は、スーイスイ。

観光客のための駐車場はどこもガラ空きで、監視員も
いないので、テントはどこにでも張ることができるし、
トイレや水の心配をすることもない。

次々と移り変わる風景の美しさもさることながら、
158号は、わたしのような無宿者も悠々自適の
放浪生活をエンジョイすることができる、まさに
夢のような国道なのであった。

051.jpg

さて、そんなある日のこと。

その日は大雨が降っていた。

わたしは、道端にあるバス停の脇に車を停めて、
食事をしていた。「となりのトトロ」にでも出て
きそうな、木造屋根つきのバス停は、雨をしのぎ
ながら、火を起こして、飯ごう炊飯をするには
もってこいの場所だった。

バス停のすぐ横は深いガケで、うっそうとした
森の向こうに、九頭竜湖が雨にかすんで見えた。

食事を終え、九頭竜湖を眼下に眺めながら、
悠々とコーヒーを飲んでいたとき。突然・・・

その事件は起こった。

一台の乗用車がバス停の広場に入ってきた。
と思う間もなく、ものすごいスピードで
九頭竜湖に転落していったのである。

「えっ・・・!?」

驚いたわたしは、雨が降っているのも忘れて、
バス停から飛び出すと、ガケの下をおそる
おそる覗きこんだ。ガケはほぼ垂直に切り
立っており、10メートルほど下から先は、
深い木々が生い茂っていてなにも見えない。

けれども、九頭竜湖の湖面の水位から推測
すると、ガケの一番下まで、少なくとも
3~40メートルはあろうかと思われた。
なんにせよ、車が谷底に激突した音は
まったく聞こえてこなかった。

おまけに、あのスピードである。

「こりゃあ、死んだな・・・」

わたしは半ばパニック状態になりながら、
自分の頬をつねってみたり、そこいらじゅうを
歩き回ってみたり、聞こえるハズもないのに、
ガケの下にむかって「オーイ、オーイ!」と
叫んでみたりした。

車の影も形も、なんの痕跡も、
なんの反応も、無かった。

一台の車をゴクリと飲みこんで、満足した
かのように、雨に霞(かす)む九頭竜湖の
湖面だけが、ただ、静かに佇んでいた。

  1. 2006/07/16(日) 10:12:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国道158号線 ~後編~ | ホーム | 作業療法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suncity.blog64.fc2.com/tb.php/41-0464acd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ごあいさつ

(´▽`) いらっしゃ~い♪


001.jpg


(´ー`) コメント大歓迎! あなたのご意見、ご感想をお待ちしております。


◎このブログの遊び方

ブログをご覧になられたかたは、ぜひ「足跡」を残していってください。①右下の「コメント」をクリックする。 ②「Name」「Subject」「Comment」の欄に記入する。(内容はなんでもいいです) ③「送信」をクリック♪。ね、簡単でしょ? (´▽`)b


  033.gif


一番下までいったら、「次のページ」をクリックすると、過去の記事にさかのぼって読むことができます。

◎プロフィール

ここの管理人 : 木塚ベラ (きずか ベラ) 氏。


    078.gif


久留米大学附設高校中退。大学検定試験を経て、早稲田大学第一文学部卒。中学校講師を依願退職後、フリーに。現在、エッセイスト・株式投資家・小説家・心理学者。

★アクアリウム

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

◎最新の記事

♪BGM

「カノン」がお勧めですよ。

©Plug-in by PRSU

◎カテゴリー

◆ブログ内検索

◎最近のコメント

◆お気に入りに追加する

★電光掲示板

◎リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。