★夢幻泡影★ (むげんほうよう)

~尽きてゆく魂の詩~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月1日

今朝、早起きしてジョギングをした。

薄い靄(もや)を通して射しこむ
やわらかな陽の光が実に心地いい。

本格的な梅雨に入る前の数日間は、暑くもなく、
寒くもなく、一年を通して最も良い季節なのだ。

山を切り崩して造った街の運動公園を
目指して、ゆったりとわたしは走った。

脇を流れる用水路の土手には、気の早い
紫陽花(アジサイ)の花々が、まるで、
互いに手を取りあって学校へと向かう
小学生たちのように微笑んでいる。

田んぼに水がはいったことを喜ぶカエルの
合唱が、慈雨となって乾いた魂にしみこむ。

027.jpg

春先にはいささかぎこちない感じのした
鶯(ウグイス)の鳴き声も、初夏を
迎える今の季節は堂に入ったものだ。

運動公園から見下ろすと、手前には赤と白の
名も知らない花が群生し、その向こうには、
主人の帰りを待つ仔犬のように、広い畑の
真ん中に赤いトラクターが一台、ポツンと
取り残されている。

朝の斜光に画かれた風景は、なにもかもが
ほんわりとパステル調で、幻想的に見えた。

世界は美しい。
世界はこんなにも美しいのに、
人はなぜ、憎みあうのだろう?

美しい花が咲き乱れているというのに、なぜ、
汚いものばかりを必死に探しているのだろう?

  1. 2006/06/01(木) 09:58:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オペラ座の怪人 ~中編~ | ホーム | 神と富>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suncity.blog64.fc2.com/tb.php/22-0dcc8e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ごあいさつ

(´▽`) いらっしゃ~い♪


001.jpg


(´ー`) コメント大歓迎! あなたのご意見、ご感想をお待ちしております。


◎このブログの遊び方

ブログをご覧になられたかたは、ぜひ「足跡」を残していってください。①右下の「コメント」をクリックする。 ②「Name」「Subject」「Comment」の欄に記入する。(内容はなんでもいいです) ③「送信」をクリック♪。ね、簡単でしょ? (´▽`)b


  033.gif


一番下までいったら、「次のページ」をクリックすると、過去の記事にさかのぼって読むことができます。

◎プロフィール

ここの管理人 : 木塚ベラ (きずか ベラ) 氏。


    078.gif


久留米大学附設高校中退。大学検定試験を経て、早稲田大学第一文学部卒。中学校講師を依願退職後、フリーに。現在、エッセイスト・株式投資家・小説家・心理学者。

★アクアリウム

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

◎最新の記事

♪BGM

「カノン」がお勧めですよ。

©Plug-in by PRSU

◎カテゴリー

◆ブログ内検索

◎最近のコメント

◆お気に入りに追加する

★電光掲示板

◎リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。