★夢幻泡影★ (むげんほうよう)

~尽きてゆく魂の詩~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禁断の果実 ~前編~

言いたいことが山ほどある。話のタネは
たくさんあるのに、どうしたのだろう。
思うように筆が進まない。(この場合、
キーボードが進まない、と言うべきか?)

コメントもトラックバックも、いまだゼロ。
つまりこのブログはどうせ誰も見ていないの
だから、好きなことを好きなように書いたら
いいじゃないか、とも思うのだけれども、
どうしても気になってしまうことがある。

それは「他人の目」である。

020.jpg

わたしは、親の見栄を満足させるためだけの
オモチャとして育てられたから、10歳ころまでの
記憶がほとんどない。けれども、茫漠たる断片的な
記憶の中で一つ、鮮明に覚えていることがある。
それは次のようなシーンである。

幼稚園にわたしを迎えに来た母が、突然、
わたしを抱きしめ、頬ずりしようとした。
『この女、大嘘つきだ!』 もちろん口には
出さなかったけれど、わたしはそう思った。

普段、日常生活の中で母は決してわたしに
対してそのような態度をとったことはない。
すなわち、保母さんや他のお母さんたちの、
つまりは「他人の目」を意識して、『自分は
こんなに優しいくて良い母親なのだ』という
ことを周囲にアピールするためだけの行動。
わたしはそこに「世間体」の悪臭を敏感に
嗅ぎとり、全身でこれを拒絶したのである。


「自意識」は人間に与えられた最大の呪いである。

旧約聖書の中に、こんな話がある。

神は、エデンの園に住むアダムとイブに、
こう命じた。「どの実を食べてもいいが、
善悪を知る木の実だけは食べてはいけない」
ところがある日、ヘビがイブをそそのかした。
「あれは知恵の実だ。食べてごらん」と。
そして、ついにイブは禁断の実を食べ、
イブに貰って、アダムも食べてしまった。
するとその途端、二人はお互いが裸であることに
気づき、あわててイチジクの葉で腰のあたりを
隠したのである。そこへ神が現れてこう言った。
「お前たちは何をしている。一体どうして
自分たちが裸であることを知ったのだ?」
かくて、アダムとイブはエデンの園を追われ、
人類の長く、厳しい旅路が始まったのである。


わたしはクリスチャンではないから、アダムと
イブというアホな二人のせいで、人類全体が
「原罪」とやらをしょいこんでしまった、などとは
考えない。第一、自分が作ったロボットの行動を
予測できないマヌケな科学者が、どこにいるだろう?
アダムとイブがこれからとるであろう行動を、
全知全能の神ともあろう者が、予測できなかった
はずがないではないか。

この寓話のなかには、しかし、
深遠なる意味が隠されている。

たとえば、アダムは人間の象徴、イブは人間の
心の象徴。ヘビは「この世」の象徴である、
と考えることが出来る。

そして、人をして裸でいることを恥ずかしいと
思わしむるもの、「他人の目」を気にするように
ならしむるもの。「禁断の果実」とは、ほかならぬ
「世間体」であり「自意識」なのではないだろうか?

スポンサーサイト
  1. 2006/04/30(日) 10:40:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

★ごあいさつ

(´▽`) いらっしゃ~い♪


001.jpg


(´ー`) コメント大歓迎! あなたのご意見、ご感想をお待ちしております。


◎このブログの遊び方

ブログをご覧になられたかたは、ぜひ「足跡」を残していってください。①右下の「コメント」をクリックする。 ②「Name」「Subject」「Comment」の欄に記入する。(内容はなんでもいいです) ③「送信」をクリック♪。ね、簡単でしょ? (´▽`)b


  033.gif


一番下までいったら、「次のページ」をクリックすると、過去の記事にさかのぼって読むことができます。

◎プロフィール

ここの管理人 : 木塚ベラ (きずか ベラ) 氏。


    078.gif


久留米大学附設高校中退。大学検定試験を経て、早稲田大学第一文学部卒。中学校講師を依願退職後、フリーに。現在、エッセイスト・株式投資家・小説家・心理学者。

★アクアリウム

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

◎最新の記事

♪BGM

「カノン」がお勧めですよ。

©Plug-in by PRSU

◎カテゴリー

◆ブログ内検索

◎最近のコメント

◆お気に入りに追加する

★電光掲示板

◎リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。